【実感】アルツハイマー予防サプリランキング@注目成分比較!

アルツハイマー サプリ

 

あれ?と思ったら…アルツハイマーを疑うべきタイミングは?

 

アルツハイマー病は一度生じると基本的に治ることはありませんから、大きなショックを受ける病気でもあります。しかしながら、このアルツハイマーはどのようにして診断するのでしょうか。

 

医療機関では、まずは問診を行い、そして生活上の変化を捉えていきます。そして、現在の認知能力などに異常がないかを調べ、基本的な血液検査・尿検査などから身体的な他の病気はないかを確認していきます。

 

最終的に脳のCTスキャンやMRI検査などを通して、脳の病変を確認し、その結果を見て診断結果を出すようになっています。

 

逆に言えば、これだけの検査をしっかり受けてからでなければ診断されることはありません。安易にそれらしい症状があるからとアルツハイマーだと考えることはできないのです。

 

アルツハイマーや認知症といったトラブルは、神経内科がもっとも適しているのですが、内科などでも相談は受けることが可能です。必要に応じて紹介状なども出してもらえますから、まずは手近なところで相談してみると良いでしょう。

 

アルツハイマーを疑い出すタイミングとしては、急速に物忘れが進行したり、物事の段取りを組むことができなくなったり、計算力・記憶力の低下が起こる、運動に障害が出るなどの症状が複数にわたって生じることです。これらに加えて嗅覚に異常を感じたり、また急激な体重減少や不眠などが生じているのであれば、かなり可能性は高くなりますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

高齢者だけじゃない!若年性アルツハイマーとは?

 

アルツハイマー病は65歳以上の高齢者に発症することが多いために、高齢者の病気であると考えている人も多いですが、もっと若い世代から生じることもあります。こういう場合は「若年性アルツハイマー」と呼んで区別します。早い人では10代から発症することもあると言われていて、一般的には40〜50代の中高年層が多くなっています。

 

特殊なタンパク質が増えてしまい、脳の萎縮が起こるという点では老人性のアルツハイマーと変わりませんが、若年性の場合は遺伝による要素もあると考えられるため、家族でアルツハイマー型認知症があった場合にはリスクはより高いと言えるでしょう。、

 

初期症状が頭痛や不眠、めまいなどであるため、疲れかなと思って見過ごしてしまうことがほとんどです。

 

アルツハイマーはすぐに発症するのではなく、軽く認知にトラブルが出るような時期が数年続きます。この段階で見つけて治療に入れればベストです。

 

一度発症してしまうと、自己中心的になってしまい、周囲への配慮がなくなることが多くなります。また疲れがひどくなったり、不安感が強くなったり、衝動的に行動するようになります。

 

若年性のアルツハイマーになってしまった場合、寿命も気になるところですが、約15年程度は生きることができるとされています。発症年齢が若いほど早く病状が進行して、寿命も短くなる傾向があるようです。

 

アルツハイマーに似たような症状を持つ脳のトラブルは実は少なくないのですが、どれもそれなりに危険性を持った疾患であるため、できるだけ何かおかしいと思ったら医療機関で検査を受けるようにするべきです。放置して進行を許すのが最もよくありませんから、注意するようにしましょう。

 

アルツハイマーの進行プロセス

 

アルツハイマー病というのは非常に有名な病気ですが、実は具体的な原因はまだハッキリわかっていないのです。それゆえ、一度生じてしまうと現状は確実に治せるものではありません。

 

進行性の脳疾患であるため、最初は自覚症状が無く、気付けば進行していて記憶や思考能力が失われていくようになります。最終的には普段の生活すらままならなくなる怖い病気です。

 

アルツハイマーでは、特殊なタンパクが異常に増えてしまい、脳において神経原線維変化という変化が起こります。その結果、脳が萎縮すると表現されますが、脳の神経細胞が次々と死滅していき、記憶や思考にも影響が出るようになってしまいます。すると脳から体にも命令ができなくなり、多くの活動に障害が起こるのです。

 

病気の進行プロセスとしては、様々な症状が軽度に現れ始める時期が2〜6年ほど続き、その後徐々に日常生活に支障が生じてくる中期が2〜3年ほど続きます。この頃からは介護のサポートも必要となります。その後は末期となり、日常生活はほぼサポートなしでは難しくなり、コミュニケーションも困難になります。最終的には飲食などが難しくなり、衰弱死するようになってしまいます。

 

発症してからは、15年くらいで亡くなる方が多いと言われていますが、高齢の状態から始まるほど早く死亡にまで至るケースが多いようです。

 

アルツハイマーは治療が難しいため、できるだけ進行を抑えることが目下の対策となります。対策の効果も個人差が大きいものではあるため確実な効果は期待できません。できるだけ予防に努めることが大切です。

 

睡眠時間が短い人はアルツハイマーになる確率が高い?

 

日本人の平均睡眠時間に関する調査は様々なものがありますが、どんな調査でも日本人の睡眠時間は、先進国の中でももっとも短い部類に入っています。

 

日本人は昔から睡眠時間を削って仕事や勉強をすることが美徳とされてきました。そういった考えの影響もあると思いますが、最近はこの考えも改める必要があると考えられています。それは、睡眠時間の短い生活が、不眠症や生活習慣病、またアルツハイマー病などの認知症の原因とも言われているからです。

 

アルツハイマー病なら、βアミロイドと呼ばれる異常タンパク質の蓄積が原因となっていると言われているのですが、βアミロイド起きて活動しているとき脳内で増加していて、これが睡眠中に分解・排出されているそうです。

 

そのため、起きている時間が長く、睡眠時間が短いほど、脳内にはβアミロイドが蓄積しやすくなっていると言うことができます。

 

高齢になるとアルツハイマー病になる人が多くなりますが、高齢になるほど人間は睡眠に必要なホルモンが分泌されなくなっていくため、眠る時間が減ってしまいます。体力も低下しているので眠るには眠るのですが、その睡眠の質が低く、途中で起きたり早朝に起きてしまったりしやすくなります。

 

長すぎる睡眠も良くないとは言いますが、短い睡眠も脳のためには決してよくありません。普段から意識して、良い睡眠時間を過ごせるように調整しましょう。それが将来的に、アルツハイマーや認知症のトラブルを予防することにつながっているはずです。

 

アルツハイマー発症リスクを下げるために

 

アルツハイマー型の認知症は非常に厄介な病気ですが、日頃からリスクを減らすことができれば、回避できる可能性もあります。

 

アルツハイマーは脳の細胞が壊死し、脳自体が小さくなっていく病気ですが、糖尿病や運動不足などの生活習慣や他の疾患が関係していると言われています。

 

糖尿病だと、健康な人よりも2倍程度の発症率になる他、高血圧の人もアルツハイマーが生じる可能性が健常者の2倍以上になるそうです。

 

また、歯の本数とも関係があると言われていますし、喫煙者は発症するリスクが2倍になると言われています。

 

普段運動をしない人は、運動習慣のある人と比較するとずっと発症リスクが高くなりますし、肉をよく食べ、野菜や魚が少ない人に統計的にアルツハイマーが多いこともわかっています。

 

このように、多くの要因がアルツハイマーと関わっていると考えられますから、そういったリスク要因を減らしておくことがアルツハイマーの予防になる可能性があると考えられています。

 

一般的に認知症の予防に有効と考えられている脳のトレーニングや、肥満の防止、また添加物をなるべく避けるといったことも有効だと言われています。

 

性格上アルツハイマー病になりやすい人というのもあると言われていますが、基本的にネガティブ思考や神経質、まじめな人はリスクが高まるようです。年齢を重ねると神経質で頑固になっていくと言いますが、そういった経年による性格の変化ももしかすると発症と関係しているのかもしれません。

 

心身ともにアルツハイマーと遠くなれるように、できるところから改善してみましょう。

 

アルツハイマーの予防に有効な食事を摂ろう!

 

アルツハイマーは脳の病気ですが、人間の体を作っているのはやはり食事ですから、普段の食事を注意することによって少しでもリスクを下げることができると考えられます。アルツハイマーは「脳の糖尿病」と言われることもあり、食事や生活習慣との関わりがあると考えられているのです。

 

アルツハイマーを予防するためには、普段から栄養バランスの良い食事をすることです。現代人は、カロリーは充分なのですが、栄養バランスの面から言えば不十分な人が多くなっていると言います。栄養の量よりも質、広さについて意識するようにしましょう。

 

多くの食品目を食べるようにすると、このバランスが自然に整っていきますし、多くの種類の栄養素を摂取することにもつながるので、和食を中心としてたくさんの食材を摂取するようにしましょう。

 

特に、血糖値が高い人や血圧の高い人はアルツハイマーの発症率が高いことがわかっていますから、これらの傾向がある人は注意する必要があります。

 

高血圧や高血糖は食事による改善が大きな効果を持っていますから、血液サラサラ食材を食べたり、低GI食品や食物繊維を食事の中で増やすようにすると良いでしょう。

 

また、大事にしたいのが食事の際によく噛むということです。噛むことは脳を刺激してくれるので、多くの効果をもたらします。野球選手などがガムを噛んでいたりするのも、反射神経を高めたり集中力を高めるためだと言われています。それだけ脳に噛むことは刺激を与えてくれるのです。

 

脳に良い、血行を高めると言われている食品や栄養素は数多くありますから、そういったものを摂取カロリーの範囲内で色々食べることが大切です。